ナイトライダー

reaps-factory20070814asahi.jpg 昨日くみっこからバトンを渡されましたので、
今日は先日の、富士見パノラマナイトツーリングの様子をレポートします。
当日は天気がよくて、夕方にはこんなおっきな入道雲が八ヶ岳の上に浮かんでました。


六郎先生との撮影を終え、最終のゴンドラに乗り込みいざ山頂へ
17時前なので、まだまだ明るい
ナイトツーリングに参加するライダーちらほら。
このナイトツーリングただ暗闇を走るだけでなく、
BBQやスイカ割り、花火などが楽しめるイベント。
駐車場の気温は半袖半ズボンで気持ちよく過ごせる気温だったけど、
山頂は、寒いくらい。
一応長袖を持ってきたので着替えたけど、それでも寒くて2枚重ね。
もう秋の風が吹き始めている。
BBQやスイカ割りを楽しみながら、あたりが暗くなるのを待つ。
reaps-factory20070814asahi3.jpg 薄暗くなってきた頃に、子供も大人も一緒になって花火を楽しむ。
reaps-factory20070814asahi2.jpg 完全に暗くなり、参加者がCコースのスタート地点に集合。
普段では見慣れない光景に気分も高まる。
ここから先の画像は走る事に夢中になってしまった為、な〜んもないです。
ってことで、bghのサイトへ
bghのマルちゃんを先頭にナイトライドがスタート。
みんなが連なって走るから、前方もかなり明るい。
ライトを1灯しか用意しなかったので、やや不安もあったけど、これなら大丈夫。
しかし、たまらなくテンションが上がる。
なんなんでしょ。
これはCコースなのか?
そんなことはどうでも良いくらい楽しい。
一応ツーリングということなので、ゆっくりゆっくりと進んでいくが、
周りが暗いからスピード感があるのだ。
コースを進んで行くとタイトコーナーが出てくる。
そのタイトコーナーで問題発生。
予想はしていたが、やはりだめだったかという感じ。
それは、前方を照らすライトをハンドルバーに固定していたので、
ハンドルを切ると、見たい部分が真っ暗になってしまうのだ。
光が突然なくなると、人間の平衡感覚は一気に失われるんだなぁって、
あらためて実感したり・・・
くみっこもそれにかなり苦戦したようで、
コース後半は、他のライダーからライトを借りて、ヘルメットに固定をして対策。
次回もあるのなら、絶対頭に固定しようっと良い反省になった。
途中、休憩ポイントではキレイな星空や夜景を見る事ができた。
コースを進むにつれ、その夜景がどんどん近くに見えてくる。
普段では感じないが、一気に高度を下げているんだなぁっと。
コースの後半になるにつれ、みんな慣れてきたのか、どんどんペースが上がる感じ。
はぐれる人、ケガする人なく無事にゴール。
駐車場の気温は、山頂とは比べモノにならないほど暖かった。
夜21時過ぎにイベント終了。
とても楽しいナイトライドでした。