TRANSITION「BLIND SIDE」

TRANSITION「BLIND SIDE」

ここのブログでのご紹介が遅れましたが
実はニューバイクにチェンジしていました!
その愛車はこちら。
PAP_0025
TRANSITION「BLIND SIDE」
(Sサイズ)

ニュー愛車になってから3ヶ月間、ずーっと
セッティング出しの旅(笑)に出ていた為アップが遅れました~

フォークはテックインをそのまま移植したので前足はバッチリ。
手こずったのは後ろのサスペンション。
PAP_0022
「FOX DHX RC4」

何故手こずったかというと、私の体格が悪い。ハッキリ言って。
男の人なら問題ないんだと思います。。

まずデフォルトで付いてきた400lbsのスプリングでシェイクダウン!
このときは旧愛車と比べて重量の軽さにトキメキ★
かなーり好感覚!

「超いい~!めちゃ走りやすい~!」

とasahiに伝えるも、asahiいわく

「どんだけリアはねてるの…てか良く乗れるよねそれで・・・」


がーん。


そ、そうなのか。ダメダメなのか。


その後、スプリングの交換月間に入ります。
色々な方にお世話になりながら数々のスプリングをお借りして
(みなさまご協力ありがとうございました!)
400→350→300→250
と、結局250まで下がりました。
ちなみにこれ以上下がったら特注でした(笑)

その間、完全に負のループにはまり、
セッティングのせいなのか?ライディングが悪いのか?
てか、私の技術が無いせいか???
など自問自答を繰り返し、なんでもないところでコケたり
いきなりフロントが切れこんだりで
自分が良くわからなくなるほど乗れてなかった(^^;)

でも!でもー!

250にしたとたん、いきなりエアの感覚や減衰のきき方を感じるようになりました。
これって、やっとセッティングを出せる領域まで来たってことよね!
と明るい光が☆☆☆

それから、やっと普通の人のセッティング出しの段階へ。
ここでもやっぱり紆余曲折を繰り返し・・・
やっと先週末、びっくりの感覚が!

「これがセッティングが出るってことなのね!!!」

ってくらいの感覚です。

Cコースはちょっとリアが舐め過ぎで
プッシュも伝わりづらい、ブレーキかけてなくてもスピードダウンしてしまう位だったので
そこから少しエア圧とダンピングを調節してもらう。
そしていざAコースへ

なんじゃこりゃー。
バイクがパタパタ倒れるし、スピード乗ったままコーナー突込み気味でいっても
リアが跳ねずにそのまま張り付いてくれるから全然怖くない!

ドロップオフみたいな縦の動きはもともとものすごく軽くて操りやすい感覚だったけど、
コーナリングでのこの”やばい”感覚はこのバイクに乗って初めて。

こりゃもちょっと突っ込めるかも?
調子に乗った私は(笑)BコースもAコースも飛ばしまくり。
でも愛車はしっかりと答えてくれて
やっと一心同体になった気分を味わえました!!!

誰が乗っても、どんな体格でも
セッティング次第でこんなに乗りやすくなるんだー

めちゃ感動した週末でした★

ボキャブラリーが足りないため、たいした事かけなくってごめんなさい。
でもこれは断言しちゃいます。

BLIND SIDEはほんとにステキなバイクです♪

さーて、これからガンガン乗り込むぞ!!!




と思ったら、オフシーズン間近…orz

PAP_0047