何はともあれやってみよう

最近のバイクについているサスペンションときたら高性能で、何もセッティングせずに乗るなんてとてもじゃないけど無理な感じ。付いてることで邪魔になるはず。それなら下位モデルの調整機能が限られているサスペンションを使用しているほうがよっぽどましだろう。

今年のバイクについているリアサスがマルゾッキのロコなんだけど、さすがに自分には物足りない。
レースにでるわけでもないので贅沢言ってはと思うが、もっといじりた~い(笑)

リバウンドとエアボリュームをセットすれば快適に走れちゃうからそれでいんだけど、
もう少しここをこうしたい、な~んて欲がでてくるね。



何がいいたいかといえば、せっかく付いてる調整機能なんだからいじろうよ。
わかんないから触らないんじゃなくて、とりあえずやってみようよ。

高いサスつけててももったいないよ。
ってか乗りづらいだけだよ。

先日mioのバイクのセッティングを少し触らせてもらったけど
自分自身で試行錯誤しているようで関心しました。

それでも悩んでいるようだったので、
よさげな感じにしてみたら、喜んでくれたのでよかった。

彼女自身で思考錯誤しているからこそ、その良さがわかってもらえたのだと思うね。

レーサーだからセッティングして当たり前って思うでしょうが、
無頓着な人多いですから。

なんかおかしいって文句言ってるほうがまだまし
何も気にせずひたすら走ってしまう人いますから。

あとは流行だからって人の真似ばかりの人だったり
ライディングスタイルあるでしょって。
バイクのジオメトリちがうでしょって。

10年前のどれも似たようなフレームであればいいかもしれないけど
これだけ個性が出揃ってるんだから、その個性をいかしてあげようよ~