Try! the Backside Area!! イベントレポート

昨日は、以前からこのブログで告知をしていた「Try! the Backside Area!!」本番当日でした。
心配された天気も見事な晴れで、最高な1日になりました。
総勢65名+知らぬ間にいた(知っている顔)方たちでがっつり楽しんじゃいました。
reaps-factory20071203asahi.jpg

最後に集合写真を撮ったのが間違いでした。最初にみんなで撮っておけば良かった・・・
入れなかったライダーさん、ごめんなさい。



今回のイベントは、高峰山の新設エリア、バックサイドエリアのお披露目がテーマ。
しかし、レースをするにも、計測や人でなどを考えると、なかなか難しい感じ。
手軽にたくさんのライダーに楽しんでもらうには、フリーで走れる方が良いと思い、
1日走り放題という形にしたわけです。
イベントを企画してくれと言われたときは、コースの形などなく、どのくらいのどういったコースが出来上がるのか?不安な部分もあったけれど、高峰山のコースディレクター須藤さんに任せておけば大丈夫かと・・・
夏の間は、草木が生い茂っている事もあり、なかなかコース作りが進まなかった模様。
秋になり、草木が枯れ始めると、作業のペースが一気に上がり、現在の形になったそうです。
先日、コース下部のエリアを見たときは、ほんとびっくり。
最初見たときはただの林の中に、獣道みたいなのが、1本あるていど。
「ここにデュアルのコース作ろうかと思っているんだよ」って聞いたときは、地面をならして、バンクを少しつけた感じになるのかなぁっと思っていたら、ばば〜んってあたり一面が広がっていて、うっわ〜って声を出す程変わってた。
ホントすっごいパワーだなと、つくづく思い知らされた。
そんな間、こちらは企画をねりねり、告知をしてたくさんのライダーで楽しめる準備。
たくさんといっても、高峰山の性質上、搬送車のキャパシティーの問題や駐車場の問題もあるわけで、
悩みどころは結構あった。
ほんとに、気がかりだったのが、搬送問題。
搬送車4台でバックサイドエリアとDHエリアの搬送をカバーするのは、ほぼ無理に近い。
しかたなく、DHエリアの搬送に制限をもたせてもらったけれど、
そのおかげか、予想通りかそれ以上の本数を走ってもらえたようで、良かった。
スタート直後に搬送車が脱輪してしまうトラブルがあって焦ったけれど、
参加者の皆さんが、搬送車の脱出を手伝ってくれて、あっという間に解決。
ありがとうございました、ほんと助かりました。
バックサイドエリアの楽しさを考えると、どちらも走り放題って形でも、みんなバックサイドエリアに降りて来たかも、なんて今思ってみたり。
でも、それくらいバックサイドエリアのコースは楽しいって思った。
前日の試走でちょこっと走っただけでも、かなりハマった。
雰囲気がトレイルっぽくて、路面も柔らかくていい感じなんだよね。
なかなか路面のコンディションを保つのは難しいと思うけど、
メンテナンスを手伝ったりして、良いコースを少しでも長持ちさせたいって思うよね。
走り放題以外に、ゲストに内嶋 亮選手を呼んで行ったプロライダーファンライディング、1回の人数多すぎで、ちゃんと走りが見れなかったかなぁっと反省。
でも、さすがリョウ、ちゃんと見せるポイントではばっちり見せてくれてたみたい。
ワンポイントアドバイスなんかもあったみたいだし、さすがです。
リョウお疲れさまでした。
午後には、ミニスラロームレースも開催。
レースと言っても、自由参加で好きな相手となんどでも走れるってルール。
っていうか遊びだから、ルールも2人で決めちゃう感じ。
それくらいゆる〜いレース。
前日にバンクをぺったんぺったんしたんだけど、
いい感じのデュアルスラロームコースになったみたい。
1本走ると病みつきになるらしく、ダウンヒルを走らず、最後までスラロームしていたライダーがいるくらい。
登りは短い距離だからって、押し登りで何本も何本も走ってました。
勝ったライダーには景品でチロルチョコを配ってたんだけど、50個のチロルチョコがあっという間になくなるほど、みんな熱心に楽しんでくれて嬉しかった。
途中で、くみとasahiが一本だけ走らせてもらったんだけど、スターターとゴールを参加してくれたライダーが手伝ってくれて、ほんと助かりました。
サンクスです、キコ、エトヤン。
daisukeさんバイクとメットありがとうでした。
ほんとあっという間の1日で、ポカポカ陽気だったのが、気がつけばエラい寒くなってました。
最後時間を押してしまったけれど、なんとか1日を終える事ができて、ほんと良かった。
カメラマンのモトくん、1日お疲れさまでした。
みなさんが写真を楽しみにまってますよ。
4台の搬送車をほとんど休まず走らせつづけてくれたドライバーのみなさん
ほんとうにありがとうございました。
そして須藤さん、楽しいコースをありがとうございます。
これからも期待してます。
そして、なにより、今回参加して時間を共有してくれたみなさん。
本当にありがとうございました。
すごい楽しく良い1日でした。
asahi & くみっこより
そうそう、急遽用意をした仮設トイレはどうでしたか?
朝早起きをして、くみっこがぴっかぴかに掃除してましたよ。(イベント中も!?)