ブレーキング上達で走りが良くなる!

またまた写真なしの記事ですんません。
ウェットコンディションで気をつけてること(ライディング編)の中で
ブレーキングについて書きましたが、
ブレーキングが上手くなるとコーナーや難しいセクションでの安定感が変わってくるのでそのブレーキングについて書いてみようと思います。



ライディングが上手な人に共通していることがあるんです。
それは、ブレーキングでリアタイヤをロックさせないってことですね。

まったくロックさせないことはないですが、
シングルトラックの切り替えしのちょっとしたブレーキングや
やや斜度のある下りなど、絶妙なブレーキングをしています。

なぜロックさせるとだめなのか?
ロックしてるということは、タイヤのグリップの限界を超えてしまっているということ。
なので、ロックしているとリアタイヤは左右に振れやすく、ラインを外しやすい。

さらに、きちんと減速できないので、コーナーへ突っ込みすぎてしまう、なんてことも。

ではどう練習するか。
リアタイヤをロックさせないように気をつけて走ればよい。
それだけ。

でもやってみると難しい。
普段と同じスピードで、ロックさせずにブレーキングを終わらせるわけだ。
いきなり普段と同じスピードは難しいというより危険なので、ゆっくり走りながらが良いと思う。

そして、リアタイヤをロックさせないポイントは、フロントブレーキにある。
リアタイヤをロックさせないために頑張って腰引いてリアタイヤに荷重をかけるのではなく
フロントブレーキを上手に使うのだ。

先にも言ったように、腰を引いてリアタイヤに荷重するのではなく
バイクを操作しやすい位置でブレーキングをして、前につんのめらない程度に腰を引けば大丈夫。

ブレーキは走っていればイヤでも使うので
常に意識をしていれば、知らないうちに上達してるはず!?

ブレーキをロックさせない走りはダウンヒルだけでなく、
トレイルを走るライダーにも必須テクニックだし、是非習得してもらいたいです。