バイクの真ん中?

バイクの真ん中?

ベーシックなライディングからダウンヒルまでいろいろとライディングスクールを行っていますが、その時に「へぇ~」となることがあります。
それは、バイクの乗る位置。




平坦な場所では上手くいくのに、下りに入るとどう乗ったらよいのか分からなくなってしまう事が多いみたい。
よく「バイクの真ん中に乗る」なんて聞いたことありませんか。
スクールの経験が浅かった頃はそんな風に説明をしていましたが、今はそんな事言いません。
それは、「バイクの真ん中はどこですか?」質問を受けた場合、端的に「ここです」と答えることが出来ないから。

あぁだ、こうだと理屈をこねても相手は理解してくれませんからね。
そして、「ここ」と決めてしまうと先入観がじゃまをして上手く乗れなくなる原因にもなりかねませんからね。

なので、ペダルを地面と平行にしてもらってスッっと立ち上がってもらう。
その位置に乗ってくださいと説明をすると、特にフォームを考えることもなく出来るのですんなりと乗れるようになる。
下りに入っても基本は一緒で、ペダルの上にまっすぐ立てる位置に乗ってもらう。

下りでわざわざ前のめりになるような格好で乗る人はまずいない。

腰を大きく引くときは急なフルブレーキングのみ。
その他はニュートラルポジションに近い乗り方でほとんど乗れるのだ。

文字だけで説明するのは誤解を生むのでこれくらいにするが、
ある程度乗れる方でも後ろに乗りすぎている人が多いと思う。
腰を引いた状態でバイクをコントロールするのは非常に難しい。

ジャパンシリーズでエリートクラスのトップライダーが走る姿をよく見て欲しい。
斜度があるような場所でも、それほど腰を引かず普通に走り抜けていると思う。

※基本的な乗り方はここで説明したことが全てではありません。
プライベートスクール年中受け付けてますので、どうぞよろしく!