走りに合わせたセッティング

レースに出なくなってから2年くらいはレーシーなセッティングをひきずっていたけど、
最近のセッティングは誰が乗っても乗りやすいって言ってもらえる(はず)なセッティングになっている。



レーシーなセッティングをしていると、バイクが勝手に前に出て、それについていけるなら走りやすいのだが、
それについていけないと、操りにくく怖いバイク。
過去に自分のバイクに乗った人達はだいたい、前に出すぎて怖いって言っていたなぁ~

今はベターと路面をなめるように走って、しっかりとグリップをする感じ。
且つ路面からの衝撃を受けにくいようにスプリングやコンプの減衰を調整している。

レーシーなセッティングと今のセッティングを比べてどちらがグリップしているかといえば
今のほうが圧倒的にグリップをしていると思う。
レーシーなライディングをしていると、
荷重、抜重が頻繁にあるのでべったり張り付くようなセッティングを必要としないためだ。

なので、asahiは速い人のセッティングは参考にしないほうが良いと思ってます。