コーナーリングがしやすくなるライン取り

コーナーリングがしやすくなるライン取り


なんとなく曲がっているコーナーのライン取り、ちょっとしたことで曲がりやすくなります。




Aコース上部のシングルトラック内のコーナーです
路面についた跡をみると、青いラインで曲がるライダーが多いと思われます。
タイトターンにはいくつも曲がり方はありますが、こういったタイトターンでは、
進入で曲がるきっかけを作ることで、バイクを倒しやすく、さらに速度を殺しにくいラインになります。

赤いラインのように、進入でフロントタイヤを少しだけ外へ振ってあげます。
そうすることで、進入時にアウト側の壁をきっかけにバイクを安定して倒しこむことができます。
また、バイクを倒しこめるので一気に向きを変える事ができ、立ち上がりに向かってアウト側の壁に当ててグリップを確保しますが、その当たる角度を緩くすることができ、よりスムースに曲がることが出来るのです。

タイトターンでは、結構使えるライン取りなので、今の曲がり方に満足いってない場合は、ちょっと意識してみると曲がりやすくなると思います。