直線的にラインを取る

直線的にラインを取る


前回はタイトターンのライン取りの話でしたが、今回はストレートのライン取りについて。




富士見パノラマのゴンドラしたのストレートです。
青と赤の矢印、コーナーリング直後に飛び出すセクションですが、コース幅が広いのでできれば最短距離を走って、赤のラインから飛び出したいところ(レーサー向け)

その後は、青のラインのようにコースの真ん中を走っていくと、その後のバンクに走る手前で結構スピードが出ているのにも関わらず、2ターン切り返さなければなりません。
ここの路面は割りと岩などが多く、路面が不安定なため、できればバイクを大きく倒すような動作はしたくないところ。


そこで、コース幅をいっぱいに使って、左端から右端に向かって走るとかなり直線的に走ることができ、最後のバンクをきれいにアウト側から入ることができる。

青のラインより赤のラインのほうが路面は荒れているが、バイクを倒す事がないので、しっかりと吸収しながら走れば何も問題ないです。



ストレートもライン取りひとつで走りが楽になる箇所が沢山あります。
いつもと違った視点でラインを確認してみましょう!