コーナーリングがしやすくなるライン取り その2

コーナーリングがしやすくなるライン取り その2


コーナーリングがしやすくなるライン取りではタイトターンについて書きましたが、今回は急斜面を降りたあとのタイトターンについて書いてみようと思います。



ここは、Aコースの下部にあるJシリーズのスタート台直後のセクションです。
青のラインは、急斜面についた溝の真ん中を走るライン。
下りきったあとのターンがキツくなりやすく、アウト側にはらみやすいライン。

赤のラインは、アウトへ一旦振ってから曲がるライン。
しかし、アウト側は路面が荒れていて、見た目走りずらそうなライン。

どちらが良いかというと、赤になります。

ここで一旦アウトへ振るというライン取りには、コーナーを早めに曲がって立ち上がりを楽にする為と、急斜面を降りた後にターンするので、サスペンションが大きく沈み込みやすい状態になりやすいので、ターンを少しでもユルくして、サスペンションの沈み込みを抑える為に行います。

サスペンションが大きく沈み込んだ状態でのタイトターンは、ハンドリングが不安定になりやすいので、そういった状態にならないようにすることで、安全に且つ早くコーナーリングすることが可能になるのです。

赤のラインに入るには、斜面をやや斜めに走り抜ける必要があるので、ブレーキを強く掛けていると難しいラインです。ブレーキングの練習にもなるので、ぜひ挑戦してみてください。




ライダー:くみっこ