コーナーリングがしやすくなるライン取り その3

コーナーリングがしやすくなるライン取り その3


昨日に続き、コーナーリングのライン取りについて書いてみようと思います。
今日は、連続するタイトターンのライン取り。




青のラインは普通のラインですね。
1個のバンクにきれいに乗っているのですが、2個目のバンクに入りがキツクなり気持ちよく曲がりづらい。
そこで、赤のラインです。

1個目のバンクをなるべくアウト側から入り、早目に降りるようにラインを取ります。
そうすることで2個目のバンクをアウト側から入る余裕ができるので、気持ちよく曲がれるというわけです。

バンクの走り方のポイントでもあるのですが、バンクの長さが短い場合は、アウト側からイン側に向かって走るほうが気持ち的に安心感があるはずです。
バンクの頂点に向かって登るように走るとそのままアウトへ飛び出てしまう感じがして怖いと感じているライダーも多いのではないでしょうか。
なので、アウトからイン側に向かって走るのです。