斜度のあるセクションでは・・・

斜度のあるセクションでは・・・


今週末はいよいよジャパンシリーズ最終戦ですね。
なんだか後半あっという間に感じますが、数がそもそも少ないんですよね。
今日は、瀬女のように斜度のあるセクションで安定して走れるセッティングを考えてみます。


斜度のあるセクションでは、フロントサスが大きくストロークしてしまうと、リアタイヤを接地させにくくなり、ブレーキングが安定しなくなり、さらに斜面にあるギャップなどを吸収してくれないので、感覚的に怖いと思います。

なので、斜度のあるセクションで安定して走りたい場合は、まずスプリングの硬さを見直しましょう。
特に普段柔らかめにセッティングしている場合は、適正もしくは硬めにするのが良いと思います。

コンプレッションのダンピングを強くする事も考えられますが、コンプレッションで沈み込みを抑えるほど強めてしまうと、その他のセクションで硬すぎてしまうと思います。
なので、コンプレッシンは極端に掛けすぎない方が良いでしょう。

フロントサスを硬めてもいまいちという場合は、リアサスのリバウンドのダンピングを強めてみましょう。
リアサスが伸びるスピードが遅くなるので、斜面でバイクが前のめりになりにくくなります。
スプリングの硬さは、フロントと逆に柔らかくするのもアリですね。

フロントを硬める前にリアサスのリバウンドだけを変えてみるというのもありだと思います。

セッティングをすることで、ブレーキを掛けている時のリアタイヤのグリップ感が変わってくると思います。
そのあたりをポイントにセッティングしてみると良いと思います。