フロントサスを交換してよくなったこと

フロントサスを交換してよくなったこと


フロントサスをボクサーに交換したくみっこバイクですが、ハンドル位置が下がってポジションが良くなったこと意外にも良くなったことがあるようです。


まずは、重量でしょう。
400gくらい軽くなりました。
フロント周りが軽くなり、ジャンプやドロップオフはもちろん、コーナーの切り替えしでのバイクの操作が楽になったようです。

コーナーの立ち上がりなど、スピードの乗りが良くなった。
これは、後ろをついて走っている自分も感じることで、一旦スピードが落ちてしまうと、もっさりとした動きになっていたのが、軽快な立ち上がりをみせていますね。

低速のダンピングを調整できるようになり、低速でガレたセクションでの扱いやすさが増したようです。
T-11の時は、ノーマルよりダンピング弱めになるようにしてあったので、動きすぎだったようですね。

微妙なスプリングレートの調整ができるようになり、好みの硬さになった。
これは、asahi的に嬉しいというか、セッティングしやすいなぁっと思うところでもありますね。
ロングストロークのエアサスでこの動きの質なら文句ないです。

っというように、乗り初めからかなり感触がよく
この先セッティングを煮詰めていくことが楽しみ!