滑ることに慣れる その2

滑ることに慣れる その2

滑りになれるために、まずフロントが滑らないように走る練習から、ということを書きましたが、
どうやったらフロントが滑らずに曲がることができるのか?
そんなことについて書いてみようと思います。


タイヤをグリップさせるには、荷重することが重要です。
基本はコーナーリング中の外足をしっかりと踏ん張ることが重要ですが、
前後タイヤのバランスをコントロールするには、
ハンドルへの荷重もポイントになってきます。

写真を使って、荷重をコントロールする時のイメージを説明しますと
フロントに積極的に荷重する場合は、ニュートラルなポジションから、
腰の位置を若干前に移動させ、ハンドルを上から押さえ込むような位置に
上体を移動させます。
ハンドルを押さえる腕が青のラインくらいになるイメージ。


腰の位置がとても重要なのですが、
極端に前に移動して、ハンドルに近づきすぎるような位置になってしまうと
手だけで上体を支えるようになってしまい、バイクを操れる状態ではなくなってしまいます。
なので、微妙な位置調整を心がけましょう。
まずは、曲がり始めに、ズルっと滑らないように乗る位置を調整してみてください。

乗る位置を微調整するだけで、手でハンドルに乗るようなことではありません。
最初にも言いましたが、基本は外足をしっかり踏ん張ることです。

そして、コーナーリング中ずっと前に乗っている必要はなく、
コーナー終盤にかけて元の位置に戻るようにしましょう。
スムーズなコーナーリングにはスムーズな体重移動も必要ということですね。

次回は、練習する際のパターンをいくつか紹介してみようと思います。