滑ることに慣れる その3

滑ることに慣れる その3

今回は、コーナーリングを練習時のポイントをいくつか紹介します。



ただ広い場所でひたすら、ターンの練習も良いですが、パイロンなどをおいて、
ラインを意識しながら練習するのがより効果的だと思います。

パイロンをおいて練習する場合に、Uターンするような急なターンは難しいので
滑りに慣れる練習ならば、L時程度にとどめて練習するのが良いでしょう。

しかし、入りと出口をしっかりと絞り、むやみにアウトへ膨れないように
強制することで、バイクの倒しこむタイミングや踏ん張る強さ、
乗る位置の調整具合が身につきます。


下側が入り口です
赤い丸はパイロンです。

また進入速度も重要で、始めは楽に曲がれるスピードで
徐々にオーバースピードで突っ込むようにします、
オーバースピードで曲がり始めると、アウトに膨れそうになるので
踏ん張る力をより強くしなければ曲がりませんし、
コーナーの進入から出口に掛けて、身体に感じる横方向のGが違うことに気がつくと思います。

進入ではGが少なくライダーが積極的に荷重をしなければ、
安定したグリップを得られません。
コーナー中盤から出口にかけて、徐々にGが強くなりここでライダーが積極的に荷重すると
今度はタイヤのグリップが限界を超えて、滑りやすくなります。
なので、フロントの荷重を適正にする為に、加重する位置を少しづつニュートラルな位置へ戻すのです。

まずは、緩めのRから練習するのがよいと思います。
なれてきたら、角度をきつくしたり、S字のなどの練習もしてみてください。