ブレーキングポイントを考える

ブレーキングポイントを考える

コーナーをスムーズに曲がるための重要なポイントはブレーキング。
タイトコーナーでは、どこまで突っ込んでブレーキングするか?
いくつかのパターンを紹介しましょう。


タイトコーナーのシチュエーションをいくつか考えると、

バンクのついたコーナー
あまり斜度が無い、フラットなコーナー
入り口がフラットで曲がりながら大きく落ち込むコーナー

というようなコーナーが考えられます。
タイトコーナーというくくりですが、
全て同じようなブレーキングを行えば良いわけではありません。

今回は、コーナーの形状などは気にせず見てください。


バンクのついたコーナーに進入するためのブレーキングとしては、コーナーに入る手前でブレーキングを終えて、コーナーに進入するとバイクを倒しやすくなります。ブレーキをひきずったままバンクに乗ろうとすると、バイクが立ち上がろうとしてしまって、曲がりづらくなります。




あまり斜度が無い、フラットなコーナーの場合は、進入するギリギリまでブレーキングし、直前でブレーキを離して曲がり始めます。ギリギリまでブレーキングする場合は、進入の速度も重要になります。速度があまり出ていない状況で、ギリギリまでブレーキングしても、ふらつく原因にもなるので、ある程度の速度を一気に減速させるようなブレーキングに挑戦してみてください。



入り口がフラットで曲がりながら大きく落ち込むコーナーの場合は、コーナーの中心くらいまでブレーキを引きずりながら進入し、出口へのラインが定まったところでブレーキを離し、斜面を利用して上手く加速させます。
コーナー手前のブレーキングの強さと、進入してからの強さ(引きずり具合)を調整することでスムースに曲がれるようになります。

ブレーキを離すポイントが早くなればなるほど、効率よく加速することができるので、慣れてきたら、徐々にブレーキを離すポイントを早めるようにしてみましょう。

ブレーキングの練習はとにかく数をこなすことになるけど、バイクに乗れば必ず使うブレーキなので、ひとつひとつ意識をしながら走ってみると早く上達すると思います。