DHで役立つと思うテクニック

DHで役立つと思うテクニック


ダウンヒルをしていて出来ると役立つライディングテクニックは
なんだろうな?っと考えてみました。



走る、曲がる、止まるの基本的なことは当たり前というか、
それできないとダウンヒルどころか、MTB乗れないですもんね。

ブレーキングでリアタイヤをスライドさせる。
これ、多用はしないけれど出来るとライン取りの幅が広がりますね。
ハイスピードからのタイトターンとか使えますね。
完全にロックした状態でリアタイヤの滑りをコントロールできると良いですね。
ブレーキを使わずに、リアタイヤをスライドさせるってのもありますが、
その前に、ブレーキを使ったスライドのコントロールを覚えるほうが先ですね。

フロントアップ。
どこで、自分のタイミングで安定してフロントアップできると
これもライン取りの幅が広がりますね。
ギャップのこなしも容易になります。

プッシュ。
路面にあわせてバイクを押しこんで、バイクを加速させるテクニック。
これかなり多用します。
サスペンションの動きをコントロールすることになり
バイクの姿勢制御になります。

ペダリングもしてないのにどんどん離されてしまった経験ありませんか?
それは、このテクニックがあれば問題なし。
例外に体重差ってのもありますが(笑)

バニーホップ。
高く飛べる必要はないですが、
フロントアップ同様に、自分のタイミングでアクションを起こせるようになると
いろいろ走りの幅が広がりますね。

ダウンヒルでは、フロント上げて、リア上げてという大きな動作は必要ないので
タイミングよくホップしてちょっとしたギャップを超えるとか、
スピードをころさず、セクションをクリアするために
いろいろと応用の利くテクニックですね。

ジャンプ。
これはできなくてもって思いますが
できると走りの世界が変わるでしょう。

いきなりやってできることではないので
チャレンジしたいと思った場合は、
しっかりと練習してからにしましょう!