カッティーズを練習しています

q ノンブレーキでリアを流す「カッティーズ」という技術がありますが、あれはどのようにすればできるのでしょうか?基本的にはコーナリング中にリアの荷重を抜いて流す、という原理で正しいのでしょうか?色々試行錯誤してみたのですがいまいちうまくいかず、質問させて頂きました。効果的な練習方法等ありましたらご教示下さい。宜しくお願いします。


a カッティーズを練習されているんですね。
コーナーリングの進入スピード、ライン取り、楽しさ、いろいろな意味で
コーナリングの幅が広がるテクニックですね。

お考えのように、「コーナリング中にリアタイヤの荷重を抜いて流す」
ということは大枠では間違いないです。
もう少し考え方を変えると、「コーナリング中にリアタイヤのグリップの限界を意図的に超えさせて流す」
こうとも考えられると思います。

両方の考え方を合わせて、練習してみましょう。
まず「コーナリング中にリアタイヤの荷重を抜く」
これにはフロントにしっかり荷重をすることで、実現できます。

ペダルをしゃくって加重を抜こうとするとリアタイヤの荷重にバラつきがでるため
スムースに流すことができません。
フロントに荷重をして、フロントを中心に回る意識にします。
通常のコーナリングより極端に前に乗るイメージでよいと思います。

つぎに「コーナリング中にリアタイヤのグリップの限界を意図的に超えさる」
これには、瞬間的に必要以上の荷重を掛けてあげることで実現できます。
荷重を抜くのでは?
と思うと思いますが、この動作が重要になってきます。
普通のコーナリングでは、グリップを稼ぐために、ペダルを下方向へ踏み込んで
コーナリングしますが、この場合は、意識的には斜めした方向へ瞬間的に踏み込む感じです。


イメージとしては、赤矢印な感じですかね。

フロントへしっかりと荷重できていて且つ、この動作ができればリアタイヤを
意図的に流すことができるようになります。

今の説明の中で抜けていることがあります。
それは、曲がるためにバイクを倒す方法。
これもはじめは、クイックにバイクを倒し込むようにすると良いと思います。
バイクを倒し込む角度がきつくなるとリアタイヤのグリップの限界も超えやすくなりますが
同時にフロントも滑りやすくなるので、倒し込む角度は何度も練習するなかで
感覚的に掴んでいくしかないと思います。

バイクを倒し込むと同時にフロントに荷重→リアタイヤに瞬間的に荷重する
ポイントはこのタイミングです。
リアを流すことに意識をとられないように、フロント中心に曲がる意識を強く持つ方が
上達への近道かもしれません。

最後に練習するための路面ですが、
学校のグラウンドのように硬い土の上に細かい砂が浮いているような路面が良いです。
はじめはかなり路面へのインパクトがあると思うので、練習しても迷惑の掛からない場所を探してください。
慣れてくると、クイックな動きをせずとも慣性でながせるようになるので
路面へのインパクとも極端にへらすことが可能になります。

Share on Facebook