コーナーリングでブレーキを引きずってしまう

q コーナーリング中のブレーキについての質問です。

コーナーリングの最中、リアブレーキを少しかけるのが癖になっています。
フロントがすっぽ抜けるのが怖くて、どうしてもリアブレーキをかけてしまいます。(ロックさせるわけでは無くほんの少しすらせる程度です)

かなり前からこのような走り方をしていたため、ノーブレーキでコーナーリングをするとうまく曲がれず、コースアウトしそうになります。前輪加重を意識したり、フロントにハイグリップなタイヤをはかせたりして、少し改善できたのですが、少し急なコーナーはどうしてもリアブレーキをかけてしまいます。

ギリギリですが、かなり早い人についていけるので遅いわけではないと思います。ですが、リアがたまにすっぽ抜けるし、ブレーキをかけながら曲がるのは良くないのでは、と思っています。


a ブレーキをかけながら曲がるのは良くないのでは?と疑問を持たれているようですが、それ自体は悪いことではないと思います。
あるコーナーでは良いことかもしれませんし、あるコーナーでは必要ないことかもしれません。

いろいろなコーナーがあるので、そのコーナーのシチュエーションにあったコーナリングでのブレーキのかけ方を身につけるというところが大事なことだと思います。

スムースに、またより早く走れるようになるためには、必ず必要なテクニックの一つですね。

コーナリングでリアブレーキを少しかけてしまうのが癖になっているということですが、それは普通の動作だと思います。
初めはブレーキを掛けながら曲がることを覚えて、徐々にブレーキを離す時間を増やす。

今、コーナーリングでブレーキをかけてしまうことに疑問を持ったわけですから、これから徐々にブレーキを離せるように練習していく段階に入ったということなんだと思います。

やみくもにノーブレーキで曲がることを練習するのはとても危ないです。
先にも書いたように、いろいろなコーナーがあるので、ノーブレーキでも曲がれるコーナー、そもそもブレーキをかけた方が早くもしくはスムースに曲がれるコーナーがあります。

まずはコーナリングで、もうブレーキを離しても大丈夫というポイントを見つけて、ブレーキを少しでも早く離してあげる練習から始めてみましょう。
またあまりスピードをださずに、安定して曲がれる速度で練習することも大切です。

コーナーの出口にバイクが向いたと思ったら、ブレーキを離してみる。
次は、そのもう少し手前。
というように徐々にブレーキを離すタイミングを早くしてみます。

練習していくうちに、ノーブレーキで曲がれるコーナーも出てくると思いますが、どうやってもノーブレーキは無理だなと思うコーナーがいくつも出てくると思います。

そういったコーナーはノーブレーキではなく、ブレーキをかけて、少しでも早くブレーキを離せるように意識して曲がるというように切り替えていきましょう。

ブレーキを離すタイミングを早くするためには、もう一つ大切なことがあります。
それはライン取りです。

コーナーによってライン取りはさまざまなので、こう走ればよいということは言いづらいのですが、まずは少しでも安心して曲がるラインを取れるようになると、いいと思います。

もう一つポイントを、
コーナーリングでは、バイクを倒すと思います。
バイクを倒している間はフロントがすっぽ抜けてしまうのでは?という恐怖感があると思います。それがブレーキをかけることにつながっているのではれば、バイクをより早く立てて走れるようなラインを取るということも大切です。

最後になりますが、
コーナリングでのブレーキばかり気を取られないで、
コーナーリング直前のブレーキにも気をつかってください。
まずは、安心して曲がれる速度に落としてからコーナーリングするということです。